【藤井セミナー】少人数制の大学受験英語塾 【東京都】吉祥寺教室

説明会日程はコチラ
地図はコチラ(吉祥寺教室)

藤井セミナーへ

吉祥寺教室ブログ

「お前は無理や...」と思われてる君!...奴らをアッと驚かせよう!。
人生で一番自分を大きく変えるチャンスが大学受験!






2016年2月受験者 合格体験記
合格おめでとうございます


★ 澁木結(卒)(サッカー部)早稲田(人科)明治(農)法政(経済・キャリア)// 英・国・社3教科とも偏差値30代スタート。そこから最終的には英語と社会の偏差値は倍近くまで上がりました。藤井セミナーは生徒と先生の距離が近くて親身になって指導してくれたので本当に感謝しています。MARCHに滑り込みたい思いで塾にきましたが早稲田に合格できて、大満足です。合格が決まった時は家族で抱き合いました!!!



★ 石原佑里香(現役)(バドミントン部)明治(商・経営・文・情コミ)// とにかく苦手な英語を克服したかったのと、学校の英語の成績が悪くて、それを見かねた親の勧めで入塾しました。英語も世界史も偏差値が20近くアップして実際の入試でも世界史は9割をキープできました。そのおかげで受験した明治の全ての学部で合格することができ、高校での成績を知っている学校の先生もとても驚いています。藤井セミナーのおかげで大嫌いだった英語が好きになりました。ありがとうございました!



★ 河野ゆき(現役)青山学院(法・経営)法政(国際文化)// 藤井セミナーで良かったなと心から思います。高2から始めたこの塾のおかげで英語と社会が伸びました。模試ではずっと第一志望校はE判定だったけど、受験はこの塾のお勧めどおり滑り止めは受けずに頑張りました。その結果、無駄な時間をかけずに最後まで勉強がやりやすく現役合格に繋がったと思います。



★ 山崎はな(現役)(オーケストラ部)上智(外国語イスパ・外国語ドイツ・文)立教(文・観光)津田塾(英文)// 学校からは、夏休みは文法をやれと言われていたけど、藤井セミナーの夏期講習は長文に絞られていて、夏期講習を通して長文をスラスラ読めるようになり始めて英語ができ出したので、塾だけで英語をやって良かったです。社会は偏差値48から72にまで上がり、センターでは英語が92%、国語が83%、社会が94%取れました。自分より元々出来ていて、自分よりも努力をしない人には絶対負けたくないと思って頑張りました。基礎が付いて来たら、後はとにかく赤本をやりこむ量で結果は決まると思います。



★ 井手ひかる(現役)(ダンス部)明治(政経・情コミ・経営)// 中学時代の塾の先生が藤井セミナーの卒業生でお勧めをしてくれて入塾しました。元々は英語の偏差値が45、社会は学年で最後から2番目とかなり低かったのですが、藤井セミナーで言われたことを信じて復習をとことん頑張った結果、最終的には英語は模試で278人中19位、社会は偏差値68まで上がりました。予習など無駄なことはせず、効率よく成績を上げられたのが良かったと思います。夏期講習も時間みっちりに内容がつまっていて、1日15時間くらい勉強できたことも自信につながりました。センター当日では、英語が75%、社会が92%得点でき、明治の本番でも社会は90%得点できました。毎週ランキングが配られるのでやる気にもなるし、先生もみなさん優しくて、沢山励ましてもらって最後まで頑張れました。最初は明治に行きたいなんておこがましいと思っていたけど、この塾のおかげで最後の最後までやりきって合格できました。

★ 赤井勇介(現役)(吹奏楽部)法政(経済)// 英語の偏差値は55から65までアップしました。国語はあまり勉強せずに、英語や社会を頑張っているうちに出来るようになり、偏差値45から60まで上がりました。夏期講習では、時間制限がある中で英語の長文を大量に毎日読み込むので、速読力も身についたと思います。学校では滑り止めを受けろと言われると思いますが、塾で言われた通り、滑り止めは受けずにチャレンジ。本番は良い意味で緊張して試験を受けることが出来ました。毎週ランキングがあったことで、自分の立ち位置も常に分かり、この人には負けたくないという気持ちで勉強を頑張ることが出来たのが有り難かったです。この1年を通して、上を目指そうという気持ちが芽生えました。



★ 山室啓(現役)(ソフトテニス部)明治(情コミ)// 学校では絶対に無理と言われたけれども、塾で言われたことをしっかりやればいけると言われ、すごく頑張りました。質問も何度も出来るし、勉強ができない人でも、どうすれば良いかアドバイスをしてくれます。最後の模試もE判定で、何度も下の大学を受けようかと悩んでいたけど、明治と青学のGMARCHオンリー受験をしました。願書を出してからは、もう引くに引けない落ちたら浪人という恐怖感から最後の最後にパワーが出たと思います。



★ 秋本栞利(現役)(バドミントン部)明治(文)法政(文)// 英語の偏差値は15アップしました。英語は長文の配点が大きいので、高3になる前に単語・熟語を覚え始めて早い段階から長文を始めて受験の時には得意にできたのが良かったです。第一志望の大学に合格出来て大満足です!



★ 山中萌(卒)中央(商)// 最初は専門に進学することを考えていましたが、やっぱり大学に行きたくて、行くからにはマーチ以上と思い入塾を決めました。最初は模試の点数も低かったですが、それで逆にスイッチも入りました。藤井セミナーは先生との距離も近く、すぐに気軽に質問に行けるのが良くて、授業がない時でも毎日自習室にこもって、勉強していました。また毎週ランキングが出ることも、負けてられないとやる気アップにつながりました。最終的に偏差値は、英語が46から57に、社会は65から77まで上がり、センター試験では英語は85%、社会は83%得点することができました。



★ 池田昇平(卒)(テニス部)中央(経済)// 母親の知り合いの勧めで入塾。英語の授業はもちろんですが、世界史の授業は1年間で2周まわすので大変でしたが、先生が面白く、色々な暗記の方法を教えてくれたので良かったです。



★ 阿部琴濃(卒)津田塾(学芸)// 兄がこの塾から中央に行ったので、入塾しました。英語も社会も偏差値は20アップ!藤井の授業料も安いし、滑り止め大学も受験しなかったので、とても経済的でした。



★ 薄井理美(現役)(演劇部)立教(現代心理)明治(文)立命館(映像)// 授業料の安さと、英語に重点を置いた授業が決め手となり入塾しました。英語の偏差値は48から60に、社会は偏差値40から58に、国語も付随して偏差値50から70までアップしました。塾のランキングがモチベーションにつながり、自分なりのライバルを見つけて追い付け追い越せで頑張れたのが良かったです。



★ 小林保輝(卒)明治(商・経営)// 浪人してからの入塾でしたが、すぐに藤井セミナーの勉強方法に馴染めました。偏差値や学校の中での順位とかが低ければ低いほど焦りを生んでアドバンテージだと思いました。



★ 中田雄大(卒)明治(法)中央(商)法政(社会)// 予備校と違って予習が必要ないので、自分の時間を多く取れて、その空いた時間で世界史や赤本を数多くこなせました。先生の言う通りに、単熟語の暗記と長文の復習をしっかりとやっていれば確実に偏差値は上がると思います。



★ 久保亮太(卒)明治(経営・情コミ)青山学院(法)学習院(経済)// 先生達は受験のプロなので成績の上がらない場合は良いアドバイスをくれるのでやはり先生に相談するべきです。質問に答えてくれるだけでなく進路の相談にも常にのってくれたので浪人の僕にはありがたかったです。あとは英語が苦手な人は絶対に社会をやるべきです。GMARCHなら社会ができればどうにでもなります。実際、本番の試験でも英語が思うようにできなかった時も、日本史に助けられた事が多々ありました。



★ 清水慧(現役)(サッカー部)中央(商)// 高1の途中までbe動詞と一般動詞の違いが分からず、高2の途中まで受験する気もなく英語の偏差値も40を切っていたけど、最終的には英語と日本史は20以上アップしました。先生と話しやすく相談したらしっかりと聞いてくれて答えてくれて家にいるより落ち着けたので、毎日自習室を利用していました。英語の長文復習で満点を取りに行くように勉強すれば必ず成績は伸びます!



★ 森本怜(卒)(ソフトテニス部)早稲田(セ:スポ科 )学習院(経済)// センター試験で英語と社会を9割近く得点できて早稲田に合格できました。予備校に通ってる浪人の友達が「受けたくない講座を取らなければならない」と言ってたけど、この塾はそういうことがなく、とても効率的に実力を伸ばせました。



★ I.Sさん(現役)慶應(文)明治(情コミ)立教(社会)中央(文)// 高校の友達が藤井セミナーに通って英語の成績をどんどん伸ばしていたので私も入塾しました。この塾は単語帳・熟語帳それプラス単語カード・熟語カードがあり、単語の暗記が嫌いな私でも効率的に覚えることができました。

★ M.Rさん(現役)青山学院(セ:社会情報)法政(セ:キャリア)// 学校の担任との面談で、センター利用では奇跡が起きない限りどこも受からないと言われたけど実際には青学を含め5学部合格できました。藤井セミナーの先生はとてもフレンドリーで親しみやすく何でも質問しやすい環境が整っていたと思います。

★ I.Sさん(現役)明治(商・経営)青山学院(教育人間)学習院(経営)東京女子(現代教養)// 夏期講習は1日に2枚の長文を読んでいくので、かなりキツかったけど、自分一人では難しいことも塾の皆が頑張ってるのを見て私も乗り切れました。



★ 尾崎友秋(卒)(サッカー部)早稲田(法)明治(政経・経営)// 高2の春に、学校の成績が学年ワースト10常連で、特に英語ができなくて、それをどうにかしたいという思いで入塾しました。英語と社会だけでマーチに入れるという言葉を完全に信じ切って、高2の時は英語の単熟語だけをひたすら覚えました。高3になったら世界史と英語だけやって、国語は全くやらず、高3の2学期まで国語の成績も1でした。それでも国語をほぼやらずに現役で明治に合格しました。その当時、勉強に対するモチベーションとやる気が高くなっていて、もっと上を目指そうと浪人しました。藤井セミナーは英語長文に絞って、その他は自分のペースでできるので、大手の予備校のように沢山授業を取ってるだけで勉強した気になって、お金を無駄にすることはなかったです。そのおかげで自分で勉強する自主性も身に付き、とても効率よく勉強ができました。



★ 吉田充慧(現役)(ダンス部)明治(電気電子生命)青山学院(電気電子情報)// 兄が通っていたので入塾しました。同じ高校の友達が藤井セミナーには多かったので、すごく励みにもなってマーチ以上に行かなくてはとやる気にも繋がりました。理系だったので英語メインで通っていましたが、英語の偏差値は42から64まで上がりました。理系で英語が強いのは武器になると思います。滑り止めも受けずに受験に挑みましたが、マーチに受かって良かったです。この1年を通して勉強も嫌いではなくなりました。自習室の完備もよく、ありがとうございました。

★ 老沼寛明(現役)(サッカー部)中央(商)// 社会の偏差値が40から70にまで上がり、入試本番では、センターは92%、一般私大は最高97%取ることが出来ました。自習室の完備が良く勉強に集中できたし、先生が面白い人が多くて、距離も近く励みになりました。冷蔵庫があったのも、塾に引きこもれて良かったです。英語は夏の終わりまでに、単語・熟語・文法・解釈を終わらせることをおススメします!



★ 古岡千春(現役)(料理部)法政(経営)// 大手の予備校の雰囲気は苦手だったのと、授業料の安さに魅力を感じ入塾しました。藤井セミナーでは無駄なことをさせないので、とても効率良く成績が上がるし、社会に関しては暗記なのでしっかりやれば1年で偏差値は20は上げられると思います。実際に私も、社会は偏差値42から65まで大幅アップしました!結果的には第一志望に合格出来て満足しているのですが、正直私がしっかり塾で言われた通りに英語の長文の復習や単語をやり始めたのが秋からで、そこからメキメキ英語が出来るようになったので、4月から塾のやり方を実践していれば、もっと伸びていたのかなとも思います。高2の時の担任の先生は、私の高3の冬の成績を聞いてとても驚いていました!大手の予備校に通っている子よりも、効率的に費用も安く第一志望に合格できたので、私も親もとても満足しています。

★ 大森香恋(卒)(吹奏楽部)学習院(文)東京女子(文)// 授業料の安さが魅力で入塾しました。英語の偏差値は45、社会の偏差値は50からスタートしましたが、最終的には英語が63、社会が78にまで上がりました。藤井セミナーでは、無駄なことはさせずに自分の時間を多く取れるのもあって、生徒の自主性がすごくある塾だと思います。また、自分以上に頑張っている人が沢山いたことがモチベーションアップにつながり、結果としてGMARCHに合格することができました。最初はとにかく単語を回すことが重要だと思います。

★ M.A(現役)明治(情コミ)中央(商)// 英語が苦手だったので藤井セミナーを選びました。英語の長文をたくさん解くので慣れることができました。先生と生徒の距離が近いので困った時にはいつでも先生に相談できたり質問できたりするところがとても良かったです。



★ 内藤愛美(現役)法政(文)// 塾の冬期講習は、文法問題の詰め込みで入試直前の年末に行うので、効果的でした。入試本番でも塾でやったのと似た問題が沢山出題されて受けてよかったです。

ページ先頭このページの先頭へ